本日のさむらい・うらない 予告編

皆様、武録、お読み頂き、だんだん辱なうござりまする。

 
 本日のさむらい・うらないでござりまするが、以下の面子が登場の予報がでておりまする。
(予報は、亀田山社中予報班の予報に基づきます。外れる場合があります。その場合、こちらでご確認を)
 
「予告編」ってどういうこと?…こういうこと
 
 
 
 まずは諸色物見役をご覧になった方の運勢は、
 
「刀槍合わす前に、勝ちを決めよ」
 
に。
 
 
 
 そして普請方高城権兵衛をご覧になった方の運勢は、
 
「難攻不落の城は人で成る」
でござりまする。 
 
 
 さらに力士水夫を、ご覧になった方の運勢は、
 
「力いっぱい漕ぎ出せ」
 
でございまする。
 
 さらに茶飲み姿を、ご覧になった方の運勢は、
 
「慌てない、慌てない。一休み、一休み」
 
でもございまする。
 
わさふ部とも連動する御用商人「滝川石益」をご覧になった方の運勢は、
 
「商売繁盛」
でござりまする。
 
また、滝川石益は各地を周り情報を集める草の者でもあるため、ご覧になった方の運勢は
 
「知ることこそ勝ちに繋がる」
でもござりまする。
 
 
 
 さあ、町のどこかに「さむらい・うらない」。幸運は思わぬところに、転がっているものにござりまする。
どうぞ、幸運を探してみて下され。本日は主に城内見廻にござりまする。
 
 
 
 
 
 
 そしてこの御仁も。 
  
 
 
 
 さらに新撰組しまねもんも登場。ぜひこちらも。 
 
 
 最後に城内には「オツムの至らぬ者」がおりましたが、実害はございませぬゆえ、お棄ておき下され。
「愚かな者を見るな。その言葉を聞くな。また彼とともに住むな。」---大法螺、より
オツムの至らぬ者をご覧になった方の運勢は、
 
「馬鹿も休み休み言え」
 
でございまする。
 
 明日もお楽しみに。
 
 
 
 
ご覧の風景は
 
 
提       供
 
 
 「楽しい!」製造業
 
 雲州粋縁
 
 
We are SAMRAi Company
 
亀田山社中
 
 
でお届けしました。

御登城半十旗

 皆様、武録、お読み頂き、だんだん辱なうござりまする。
 
さぁーて、今週の御登城は…
十旗大西城
そして殿の山門、慶雲
 
 
 
 
御登城尼子十旗の季節。

【西日本戦国譚】尼子晴久は毛利や大内とバッチバチ! 天敵の元就に敗れるも

熊に出くわすことはあるかもしれませんが、そんな時の人身御供役、この城砦流狼人、仰せ仕りまする。料金その他、御相談に応じます。(概ね時給千円で承っております。交通費別途)

 尼子十旗以外も受け付けておりますれば、お気軽にお問い合わせを。

 

尼子十旗(城郭放浪記)

雲陽軍実記に「惣じて尼子旗下にて禄の第一は白鹿、第二は三沢、第三は三刀屋、第四は赤穴、第五は牛尾、第六は高瀬、第七は神西、第八は熊野、第九は真木、第十は大西、これを十旗という」

今期出陣暦

 皆様、今年も武録ご覧下さり、だんだん辱のうござりまする。

 以下、ここしばらくの予定にござりまする。コーヒー占いを御希望の方は「粋縁@」の出店情報をご参照ください。

 「 粋縁@お忍び」は、予約が入っていることを意味しております。ただし、その前後の時間で占いを承れることがあります。詳しくはコメント欄等にてお問い合わせください。
 また予約状況等により、イベントの時間が、主催者発表のものとずれている時があります。御注意下さい。
  
 また、旧暦については旭川情報ネットを参考にさせていただいております。
 
 
 
 目玉予定
おもてなし観光盛り上げ隊としての亀山田社中
わさふ部(改変後は「雲南しのびより」)、古着・和装小物、各地で販売中。レンタルも。
「さあ、絶縁に出かけよう」開始。
トークライブ語ル志ス、「さあ、真の戦の話をいたそう」
 
 
睦月十九日(02/12:水):
 市中見廻 
 鉄路検非違使          
 粋縁@mother食堂高瀬川):14:00-17:00
 
 
廿日(02/13:木):
 市中見廻 
 チクジョーしませう
 鉄路検非違使          
 
廿一日(02/14:金):
 市中見廻 
 チクジョーしませう
 
 廿二日(02/15:土)
城内見廻@三代目 サムライ・ジンケ
  粋縁@ちどり茶屋(松江城内):12:00-15:00 
 粋縁@フルール(北松江):17:00-20:00
 
 廿三日より備北三吉物見
 
 
 廿五日(02/18:火)
城内見廻@三代目 サムライ・ジンケ
 
廿六日(02/19:水):
 市中見廻 
 鉄路検非違使          
 粋縁@mother食堂高瀬川):14:00-17:00
 
 
廿七日(02/20:木):
 市中見廻 
 チクジョーしませう
 鉄路検非違使          
 
 
 
 
 
 
 
  今のところ以上にござりまする。
 
 
 
人知れず、表現し続ける者たち
亀田山社中。
 
サムライおもてなし塾にて、受講者募集中。
 
 
ご覧の風景は
 
 
提       供
 
 
 「楽しい!」製造業
 
 雲洲粋縁會
 
 
「拙者」失敗しないので
フリーランスの侍(=牢人者)の秘密結社
 
 
亀田山社中
 
 
でお届けしました。 

城砦流狼人

皆様、武録御笑覧下さり、段々辱なうござりまする。

今月中には十旗をまた一つ。

 

吉田松陰は教育者であると同時に、軍学者の家系で山鹿流兵学の師範免許を受け、旅するときはその他の地勢、城下を細かく見ていた。

 

窪田哲夫(05)「新発田藩家老、窪田平兵衛」p20

 

 

 

尼子圏域お城案内お任せあれ。

まずはお問合せを。

水原辺の一条、

皆様、武録ご覧下さり、段々辱なうござりまする。

 

今回は拙者たちの信念とも言えることに。

 

「水原辺の一条、諸藩の事など申して候てはいまさら未練と存じ賜り候間、

あえて申し上げ奉らず、天下後世の公論これある可しと存じ奉り候」

 

継之助

 
  
 
政治・経済・環境・道徳、あらゆる面で、今の日之本が参照にすべきは明治の御代ではなく、江戸時代・成熟した封建時代ではないでしょうか?そういう意味で「封建時代学部」を、そういう名称があるかどうかは別にして、名乗りたいと存ずるのでござりまする。単に封建時代を賛美して終わるのではなく。
(毎週金曜日に新規公開の予定)
 
 
 公がいちばんきびしき当ったのは大名という支配階級の領主であり、次にきびしく当ったのが行政官である武士、それから町人の順であった。
物の不足な時代だから悪質な町人はいやでも儲かる。そこで、どんなに儲けても、奢侈禁止令を用意しておいて、その生活面から彼等の横暴を押えて行こうと考えた。そうした点はむしろ、今日の社会主義などより遥かに周到な用意を持っている。
こう書いて来れば、公のめざした政治の実態が、かなりハッキリして来るであろう。
公はゼロに等しい戦国の貧しさから抜けだすために、何よりも先ず義務負担の公平、犠牲の公平を政治の主眼にしていたのだ。特に怠惰のまま贅沢出来るような不労階級の出現を許さず―つまり、正直者がバカを見ることのない国づくりでなければ、平和は続かないという大信念で、自分もまた麦めしを食べ続けていたわけである。
 
山岡荘八(87)「史談 家康の周囲」p161より 
 
 
 
ご覧の風景は
 
 
提       供
 
 
 「楽しい!」製造業
 
 雲洲粋縁
 
 
We are SAMURAi Company
 
亀田山社中
 
 
でお届けしました。

ガラクタル・パザール

皆様、武録御笑覧下さり、段々辱なうござりまする。

 

雲忍、雲野六郎兵衛陰親にございます。

手前どもが身分を隠す際使う、古物屋、今年は装いを新たに

「ガラクタル・パザール」

 として、各地のフリマを中心に出陣したいと思うておりまする。

クラフト・エヴィング商會を参考にさせていただこうかと。

 

そして、忍び道具も含めて、展示即売、以下にて。

おせわさん | |松江流アクティビティポータルサイト|島根県松江市観光

 

 
 
 
 
 
ご覧の風景は
 
 
提       供
 
 
 「楽しい!」製造業
 
 雲洲粋縁
 
 
We are SAMURAi Company
 
亀田山社中
 
 
でお届けしました。

大逆転

皆様、武録ご覧下さり、段々辱なうござりまする。

 

大逆転はおこりうる。

わたしは、その言葉を信じない。

 …
(以下) 
 
  
 
政治・経済・環境・道徳、あらゆる面で、今の日之本が参照にすべきは明治の御代ではなく、江戸時代・成熟した封建時代ではないでしょうか?そういう意味で「封建時代学部」を、そういう名称があるかどうかは別にして、名乗りたいと存ずるのでござりまする。単に封建時代を賛美して終わるのではなく。
(毎週金曜日に新規公開の予定)
 
 
 公がいちばんきびしき当ったのは大名という支配階級の領主であり、次にきびしく当ったのが行政官である武士、それから町人の順であった。
物の不足な時代だから悪質な町人はいやでも儲かる。そこで、どんなに儲けても、奢侈禁止令を用意しておいて、その生活面から彼等の横暴を押えて行こうと考えた。そうした点はむしろ、今日の社会主義などより遥かに周到な用意を持っている。
こう書いて来れば、公のめざした政治の実態が、かなりハッキリして来るであろう。
公はゼロに等しい戦国の貧しさから抜けだすために、何よりも先ず義務負担の公平、犠牲の公平を政治の主眼にしていたのだ。特に怠惰のまま贅沢出来るような不労階級の出現を許さず―つまり、正直者がバカを見ることのない国づくりでなければ、平和は続かないという大信念で、自分もまた麦めしを食べ続けていたわけである。
 
山岡荘八(87)「史談 家康の周囲」p161より 
 
 
 
ご覧の風景は
 
 
提       供
 
 
 「楽しい!」製造業
 
 雲洲粋縁
 
 
We are SAMURAi Company
 
亀田山社中
 
 
でお届けしました。